RFP・要求仕様書作成のポイント

| 2. 要求仕様書作成のポイント

1. RFP作成のポイント

「RFPの書き方」が分かりにくい理由

RFPの目的は、システムやソフトウェアの開発の発注に先立ち、発注者のニーズにマッチした開発提案を開発者に求めるために、発注者から開発者に諸々の要求事項を伝えることにあります。したがって、より的を射たRFPを書くことができれば、開発者側からも的を射た提案書が出てくる可能性が高くなると言えます。

では、どのようなRFPを書けば「的を射ている」と言えるのでしょうか。それについての情報源、「RFPの書き方」について書かれた書籍やWebサイトは、世の中に数多く存在します。ですが、どれを読んでも今一つしっくりこないと感じる方も多いのではないでしょうか。それには理由があります。多くの書籍やWebサイトは、開発分野を限定せずに幅広い開発を対象として書かれているのです。そのため、どうしても書かれている内容は一般的で漠然とした内容になってしまいがちです。

通信・ネットワークシステム開発のRFP

そのような状況を解決するために、当サイトは開発分野を「通信システム・ネットワークシステムの開発」に限定することで、より具体的なRFPの作成方法について情報提供します。当サイトが無料で提供している小冊子『通信・ネットワークシステムの要求仕様書・RFPの書き方』をご覧いただければ、RFPの作成にお役にたてるものと思います。ぜひお気軽にお申込みください。

なお、無料小冊子『通信・ネットワークシステムの要求仕様書・RFPの書き方』にはRFPと要求仕様書に共通して書くべき内容についてポイントを整理してあります。RFPも要求仕様書も、発注者から開発者に開発するシステムに対する要求を伝えるという点では共通しています。それに加えて、RFPでは「予算」「スケジュール」「納入条件」など、開発そのものに関する事項についても記載することになります(※要求仕様書にもこれらのことを書く場合もあります)。

RFPに書くべきことは「開発の背景」「システムへの要求事項」「予算」「スケジュール」「納入条件」

図1. RFPに書くべきことと無料小冊子の情報提供範囲

無料小冊子のお申込みはこちら

株式会社システム計画研究所のオフィシャルサイトはこちら

通信・ネットワークシステム開発に関するご相談はこちら

サーバ監視・ネットワーク監視ツール isNetSentry-S のサイトはこちら

信頼できるITシステムの開発と利用を支援する技術情報提供サイト「信頼のシステム開発.COM」はこちら